Rockin' Robin

I ❤︎ cosmetics

キャンメイク『ラスティングマルチアイベースWP』

アイシャドウの発色を良くして、ラメ飛びを防いでくれます。
そして本当にアイメイク崩れなかった。
汗をスポーツレベルでかいたりこすったらわかりませんが、少なくとも普通に朝メイクして普通に仕事してちょっと歩いて…という程度なら夕方までアイメイク直しせずに済みました。
アイシャドウ持ち歩かなくてもいいってちょっと感動だよね。



  • 使い方を間違えるとヨレる

上まぶた~眉までの使用量は、片目につきだいたい米粒ほどです。
多く使うとヨレます。
また、アイベースを使った後に塗ったアイベースを少し乾かし定着させることをお忘れなく。
アイベースを定着させておかないとヨレます。
アイベースの下にはメイクしないことも重要です。
下地やファンデーションなどのベースメイクはアイベースの上からするということです。
手順としては

アイベース

定着させてから日焼け止め

ファンデーションを塗るならファンデーション

アイメイク

ですね。
「ファンデーションが先でしょ?」と思うかもしれませんが、アイベースの下にメイクをするとヨレます。

多く塗りすぎない
アイベースを塗ったら少し乾かして定着させる
アイベースの下にはメイクをしない


この3つを忘れずにメイクするとヨレないです。



  • 乾燥はします

下まぶたが乾燥しやすい人は下まぶたに使用すると突っ張るかもしれません。
これは使用感がサラサラなので。
「ウォータープルーフ度は下がってもいいから乾燥を避けたい…」という人は、同じくキャンメイクから出ている肌色のアイベースをオススメします。
肌色のアイベースはしっとりしていますから乾燥を避けられ、なかなかメイク崩れも少なかったはずです。
(肌色のアイベースはケースがものすごく壊れやすいですが中身はデパブラより優秀だと思います)



  • チークに使うという裏技も

アイベースですから基本はアイメイクを崩さないために使いますが、チークを崩さないために使うという裏技もあります。
「どうしても今日だけはチークを直せない!」という日もありますよね。
例えば結婚式に呼ばれてポイントメイク直しが難しいとか。
そういう日はこのアイベースをチークの辺りにも使っておき、定着させてからベースメイクをして、チーク。
かなり崩れにくくなります。
ただし、毛穴詰まりや乾燥を考えれば、この裏技は毎日やるには不向きです。
あくまで特別な時の裏技だと思ってください。




パッケージはすごく小さいですが、一回に使う量はとても少ないのでコストパフォーマンスが異常に良いです。
アイメイク崩れしないのは本当に快適ですし、アイシャドウ持ち歩かなくなったのでポーチが軽くて嬉しい。
こんなに優秀な品物を500円+税のプチプラで叶えてしまうなんて、キャンメイクすごいなー。



商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット (Blonet)」で! あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!